エジクン エルゴノミクス ergonomics

EDIKUNフットスイッチ

エジクンフットスイッチとは

安心の日本語対応

マウス操作(クリック、スクロール、ポインタ移動)や、キーボード操作が簡単にプログラミング(ペダルにキーボードのキーやマウスのボタンを設定する事)できます。
「enter」「space」など任意のキーをペダルにプログラミングしておけば、手を使わずにキー操作が入力可能! キーボード⇔マウス間の移動を少なくし、手首や指への負担を軽減。作業効率をぐんとUPさせます。
また、重要部品であるマイクロスイッチにオムロン製を使用。RoHS指令にも対応しています。
日本の会社である当社が、企画・組立・検査をしました。アプリケーションソフト、ファームウェア(マイコンのソフト)は当社がすべて開発しました。
エジクンフットスイッチ トリプル

重要なお知らせ


現在、エジクンフットスイッチシリーズは現行バージョンから新バージョンへと商品の切り替えを行っております。 出品されております現行バージョンは在庫限りで販売終了となり、追加生産の予定はございません。
コロナウイルスの影響で開発スケジュールに大幅な遅れが生じており、誠に恐れながら現時点では新バージョン商品の発売時期は未定です。進捗があり次第、ご案内を掲載させて頂きますので、今しばらくお待ちください。
なお、 基板など電気的仕様、ソフトウェアに変更はございません。

エジクンフットスイッチのここがすごい

軽くてコンパクト

ペダル1つ分のサイズは約7.6cm×10.8cm。 手のひらサイズの大きさでコンパクト!
足元においても邪魔になりません。 しかも軽くて持ち運びも楽々!

フットスイッチコンパクト フットスイッチシングル

日本語特有キーにも対応可能

外国製フットスイッチにて上手くプログラム対応していなかった「半角/全角キー」や、「無変換キー」といった日本語特有キーなども登録が可能です!

機能紹介

誰にでもできる簡単操作

設定画面

フットスイッチの設定内容を変更した時は、WindowsOSがあれば誰でも簡単に行う事が出来ます。
下記のサポートページより専用ソフトを立ち上げ、フットスイッチにプログラムしたい動作をメニューから選ぶだけです!
ショートカットやクリックの設定はもちろん、連続出力数やスピードなども細かく調整することが可能です。
専用プログラミングソフト、詳細な取扱説明書はサポートページよりダウンロードしてご利用ください。
 >>>サポートページ

標準設定と高度設定の使い分け

『標準設定』では基本的なキー入力(「Shift」「Tab」「Fキー」「Ctrl +A」)や、 マウス操作(クリック・ダブルクリック)の登録が出来ます。
そして『高度な設定』では更に様々な事が 設定出来ます!マウスのポインタ移動(速度調整可)、同時押し機能、キーのマクロ設定・連続出力 なども搭載し、通常のPC作業には勿論、ゲーム用途にも使えます!

※Macでの使用に関する注意点※ Macは複数の入力デバイスの同時押しに対応していません。 その為、ショートカットやマクロ動作をご希望の場合には、全てフットスイッチ内に設定をお願い致します。
高度設定

タイプ一覧

シングル

FS1P1
型番: FS1P1

デュアル

FS1P2
型番: FS1P2

トリプル

FS1P3
型番: FS1P3

仕様

対応OS ・Windows XP以上
 →使用・プログラミング(ペダルの設定)共に可

・Mac(USBポート(USB2.0またはそれ以降を備えたもの)
 →使用可。プログラミング(ペダルの設定)は出来ません。
※プログラミングソフトはWindowsOSでのみ起動します
コネクタ USB
サイズ シングル:約 76mm×108mm×30mm
デュアル:約 175mm×108mm×30mm
トリプル:約275mm×108mm×30mm
ケーブル長:約3m
重量 シングル:約163g 
デュアル:約335g
トリプル:約520g
セット内容 ・フットスイッチ本体×1
・保証書×1(保証期間1年)
・クイックスタートガイド
スイッチ ・重要部品であるマイクロスイッチにオムロン製を使っています。
クリック音 ・マウスクリック音に類似
※エジクンフットスイッチにはマウスなどに使用されているオムロン製のマイクロスイッチを試用しております。
その為、フットスイッチの踏み込み時にはマウスクリックに類似した音が出ます。
その他 ・RoHS指令に対応しています。
・専用プログラミングソフト、詳細な取扱説明書はサポートページよりダウンロードしてご利用ください。
カタログ カタログ
PDFをご覧いただくには「Adobe Reader」が必要です。
>>Adobe Readerをダウンロード

プログラミングに関して

エラーが出る場合

プログラミングソフトをダウンロード後、起動時に下記のようなエラーメッセージが出る場合、 .NET Frameworkをパソコンに入れる必要があります。

.NET Frameworkは、通常はWindows Updateから入れることができます。Windows Update は、Windows 10の場合、スタートボタン→設定→更新とセキュリティ→Windows Update と進んで下さい。

.NET FrameworkをWindows Updateから入れることができなかった場合、お客様のWindowsに適する.NET Frameworkをインストールして下さい。

エラー画面
エラー画面

Macでの使用時

USBポート(USB2.0またはそれ以降)を備えたもので使用可能ですが、
プログラミングには対応しておりません。

プログラミングご希望の方は、Windowsで設定後にMacでご使用下さい。
また、Macは複数の入力デバイスの同時押しに対応していません。
その為、ショートカットやマクロ動作ご希望の場合には全てフットスイッチ内に設定をお願い致します。


専用プログラミングソフト、詳細な取扱説明書はサポートページよりダウンロードしてご利用ください。>>>サポートページ